ソリューション

私たちの挑戦

  • 1.ICTインフラ 設計・構築に関して
       設計・構築サービス
    • ICTサービスを利用するための、ICTインフラ構築について設計・構築をお客さまに成り代わって行います

      お客さまには、利用したいサービス のみを教えて頂くだけです。

  • 2.ICTインフラサービスの利用に関して
    • お客さまが安心してICTインフラのサービスを利用できるように、ご支援します。
         保守サービス
      • ① 過去のトラブルを知識ベース化し、
        お客さま申告による不具合を 0 にします。

        ⇒ トラブルの事前把握

      • ② 「アラームが発生したら対応する」の待ちの保守から、常に一番悪いところを改善していく、プロアクティブな保守を目指します。
         できるだけ、お客さまのサービスの劣化につながる前に、トラブルの兆候を検知し、予防保全に努めます。
         もちろん、故障時の切り分け、オンサイト手配等迅速に行い、サービス停止時間を最少に努めます。


        運用サービス
      • ③ お客さまに成り代わって、アカウントの追加、バックアップ、機器のバージョンアップ、故障時のコールスタンバイ機器への手動切替等の運用業務を確実に行います。


        ヘルプデスクサービス
      • ④ 機器使用の際の問合せ(POS等)、サービスが提供できない場合のリカバリの説明等お客さまが必要な情報をタイムリーに提供するヘルプデスクサービスにより、お客さまには安心して、ICTサービスをご利用頂けます。 

情報システム部門の業務

 情報システム部門の業務は多岐に渡ります。
大きな項目で分類しますと、

  • 企画・戦略業務
  • 定常業務
  • 保守・運用業務
    があります。
    具体的な業務を下表にまとめました。
    情報システム部門の仕事

    表をクリックすると拡大します。

 本来ですと、企画・戦略業務に集中し、これからの情報戦略の検討に多くの時間を割くのが理想ですが、実際は、表の黄色の部分で時間を費やされているのが現状だと考えられます。

保守・運用業務:出来て当然の業務、どちらかと言えば守りの業務。この業務のミスは、叱責を受けることが多いと考えられます。

⇒企画・戦略に集中するためには、アウトソーシングした方が良い業務となります。

定常業務:支払い業務等、経理部門担当の業務もありますが、定型業務であり、この業務の多くは、アウトソーシングした方が効率的であると考えられます。

お客さまの困ったを助けます

 ICTサービスは量、質ともに増大の一途を辿っています。
ICTサービスをエンドユーザに提供している情報システム部門の仕事は非常に重要となってきておりますが、この業務に携わっている人(情報システム部門の方)は、

[check] 機器が故障すれば、その対応に追われ、お叱りは受けることはあっても、褒められることは少ない
[check] 多くの問合せに対応して、毎日がくたくた
[check] 日々の煩雑な業務に追われ、企画戦略を考える時間がない

が実態ではないでしょうか。

 私たちは、

「(情報システム部門の方が)故障や軽微なミスで嫌な思いをされる」
のをできるだけ少なくして、本来のお客さまの戦略業務に専念して頂けるように取り組みます。

 左メニューの お客さまの困ったを助けます の項をご参照下さい。

a:6465 t:3 y:4

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional