Mailの遅延の見える化

Mail遅延の見える化  <お客さまの困ったを助ける>

 メールに関して、次のようなことで困られていませんか。

  • 「このごろメールが遅延しているようだ」との苦情が寄せられているが、実情が分からない。
  • 先週、メールの送受信に問題があったかどうか分からない。
  • 1カ月前、3カ月前、1年前と現在のメール遅延に関する情報がない。
  • クラウドメールを利用しているが、クラウド業者からは、メール遅延に関する報告がない。
    メール試験構成

    <解決法:見える化>
    弊社センタからお客さまのメールサーバに試験を行います。

① 独自メールサーバをご利用の場合
② クラウドメールサービスをご利用
 の場合

のどちらでも試験が可能です。

【試験の概要】
 弊社機器より、御社の利用されているメールサーバにメールを送信、メールを弊社機器に転送して貰うことにより、実際にお客さまが利用されているメール遅延の状況を見える化します。

メール試験構成図

【処理時間の合計】

  • (1) 弊社センタ test@xxx.co.jp より、御社利用メールサーバ guest@aaa.co.jp へメールを送信
    • ① aaa.co.jpの名前解決時間(DNS処理)
    • ② メール送信時間
  • (2) 御社利用メールサーバ guest@aaa.co.jp より、弊社センタ test@xxx.co.jp にメールを転送
    • ③ xxx.co.jp の名前解決時間(DNS処理)
    • ④ メールの送信時間

 上記の①~④(試験プログラムのオーバヘッドは無視できる範囲です)の合計を記録しますので、メールサーバが冗長であったり、メールサーバのIPアドレスがダイナミックに変更になる場合も、お客さまの利用肌感覚を把握(メール遅延の見える化)をすることができます。


選択画面
EEC(End to End Checker :サービス監視機器)
画像の説明

Aアドレスの10月9日のデータ
画像の説明

       グラフの凡例 青:速い、緑:少し遅い、紫:遅い

6時台の処理時間の結果
画像の説明

上記のとおり、6時台において、メールの遅延が発生していたのが分かります。

実際のデモサイトにアクセス

↑デモサイトは、id と pw が必要です。

期間限定で、無料にて監視サービスを受け付けています。

ご希望の方は、メール遅延申込みのページへ。

a:1612 t:2 y:1

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional